経営者から見てVSEOマーケターの経験者はどう映る?

経営者から見てVSEOマーケターの経験者はどう映る?

VSEOオンラインアカデミーで学んだスキルやVSEOマーケターの経験でキャリアアップをしたいと思っている人もいますよね。そこで私のような経営者の視点から見て、VSEOマーケターの経験はどう映るのかお話したいと思います。

経営者からVSEOマーケターの経験者

それでは仮に私の会社に面接にきたと仮定して、どう感じるかをお伝えします。

アンテナが鋭い

まず現時点で日本にまだ普及していないVSEOマーケターという職業を経験しているということは、世の中の動きに対してアンテナが鋭いという印象を受けます。

アメリカで大流行している職業を把握し、その技術を日本で身につけるというのは、誰もができることではありません。

こういった人は他のことにも同じように鋭く反応できるはずなので、面接する側にとってマイナスになることは決してないでしょう。

向上心がある

本業でも副業でもVSEOマーケターになりたいと思い、そこに投資や努力ができる人は向上心がある人ですよね。「収入を上げたい」「スキルが欲しい」と言いながら、何もしない人を私は数多く見てきました。

自分でこうなりたいと思う理想に向かって、自分の意志で動ける人は、会社に入ってからも「言われたことだけをやる人間」にはならないでしょう。

例え学歴がなく、経験が浅くても、やはり向上心を持っている人間は魅力的に映ります。

幅広い視点を持っている

VSEOマーケターは一人で動画の収益を得るために、自分の力だけで結果を出す必要があります。また、もし企業にレポートを提出した経験がある場合は、さらに多くの能力を求められることになります。

こういった収益を上げるためにはどうしたら良いかということを考えたことがあると人と無い人では、視点の持ち方に大きな違いが生まれます。できるだけ早い段階で、そういった視点を持つことが大切だと思います。

VSEOマーケターの経験はプラスにしかならない

以上の点から私はVSEOマーケターの経験はとても大きなアドバンテージになると思います。

多くの人が経験していない職業ができるスキルを持っているというのは、企業側から見て興味が沸くのは間違いありません。

あとはいかにそのスキルを使って、結果を出していくかということになりますが、モン校長の講義であればきっとキャリアアップにつなげることができる結果をもたらしてくれるはずです。

TOPページを見る